唇が、待っている。



大きい手にあごをつかまれて。
振り向かされたと思うと、キスをされている。

「なんのつもりだ。哲也」

うろたえたそぶり一つ見せず、中嶋はこれ見よがしに眉を寄せた。
低い声で目の前の男を問いつめる。

丹羽は悪戯をしかけるような目つきをしていた。

「んー…。
哲也、じゃダメだな。もっと短く」
「意味がわからん。とうとうバカになったか。哲」
「よしよし」

子供に対するように笑いかけると丹羽は再び中嶋に口づけた。

「な…哲!」



『哲』と呼ぶ口元がさみしげで。
まるでキスを待っているようだったと、後日丹羽は中嶋に話すことになるのだが。

「馬鹿なことを」
そううそぶきつつ、紅くなった頬を誤魔化すように丹羽の肩に中嶋はその顔をうずめるのだが。


それはまだまだ、あとの話。